判決の宣告がないまま未決拘禁。これは特例措置なのか Eldiario.es
|

判決の宣告がないまま未決拘禁。これは特例措置なのか Eldiario.es

拘置所制度の抜本的な改善に取り組まない限り、我々は無実の人が収監されているという事実を世間に訴え続ける Article traduït per l’Anyilaisa (@anyilaisa) 各種社会運動団体の関係者やカタルーニャ政府の首脳陣、そしてカタルーニャ議会の議長に対し最初の拘禁措置決定が下されてから1年が経過した。拘禁生活が長期に及んでいるにもかかわらず、判決の宣告もされず、ましてや裁判すら開かれず、司法機関が訴訟の本案に耳を貸さない状況が続いている。 無論、拘禁中の各人に対し、最高裁判所の抗告法廷を含め予審判事の呼出に応じる機会は複数回設けられたが、単に保釈の請求や未決拘禁状態の継続の不当性を検討するにとどまり、身柄拘束の原因を論ずることも、我々の行為を擁護するための議論や違法行為が存在しないことの証明について検討されることもなかった。